SPFレコードの誤設定でメールが大遅延

とあるクライアント様のサーバー移転作業をしたのですが、SPFレコードをよく理解せずコピペしたところメールの大遅延が発生させてしまいました。

勤務先ではMicrosoft 365を使用しているのですが、クライアント様からのメールが届かずIPスロットリングが行われているようでした。(451 4.7.500 Server busy. Please try again laterが出ていました。)どうにも原因がつかめず1日半ほど過ぎたところでSPFを疑い始めて急ぎ学習。結果、SPFレコードが誤っていることに気付きました。

今回の作業はN社でウェブ・メール兼用サーバーを運用しているところ、ウェブサーバーをX社に変えてメールサーバーはそのままN社を利用するという変更でした。以下私のドメインanothersky.pwに置き換えてメモ。

  • anothersky.pwのAレコードをX社のサーバーに
  • mail.anothersky.pwのAレコードをN社のサーバーに
  • anothersky.pwのMXレコードをそのままコピペ
  • anothersky.pwのTXTレコードv=spf1 +a include:example.com ~allをそのままコピペ

anothersky.pwのAレコードをX社のサーバーにしたのに+aのままであることが誤りでした。

  • v=spf1 +a:mail.anothersky.pw include:example.com ~all
  • v=spf1 mx include:example.com ~all

が正解でした。(チェックサイトでも確認しました。前者を採用しました。)

遅延しながらもかろうじて届いたメールのSPFも見ていたのですが、PASSになっておりなかなか気づけませんでした。改めて書いてある内容をきちんと把握しなければと反省しました。X社に設定代行サービスもあったので、それを頼っても良かったかもしれません。