C-HRガソリンターボ車(8NR-FTS)の燃費記録

C-HR(NGX10 ターボ車・FF)に乗り始めて一年が経過しました。受領直後はナビに「CAN車両情報」が入っておらず(「MyTOYOTA for T-Connectアプリのマイカーログに走行距離が表示されない問題を解決」を参照)走行距離や平均燃費が取得できていなかったのですが、2018年10月からは走行別の走行距離・平均燃費データが取得できています。

そのデータをT-Connectサイトのマイカーログから取得しExcelで整形してCMSで管理・HTMLへ出力していますので、公開してみようと思います。なお、私の行動が分かってしまうのも難ありですので一部のデータはカットしました。

8NR-FTSエンジンは、C-HRの他にカローラスポーツにも搭載されています。また、2019年9月に発売されると言われているカローラセダン・カローラツーリングにも搭載されると聞いています。これらの車で走行した場合も似たような傾向の燃費になるのではないかと思います。
MyTOYOTAアプリにマイカーログを表示した画面

車の状況

燃料 ハイオク(Shell V-Power) 2019年2月頃〜
オイル TOM’S LUB PROFESSIONAL 2019年1月〜
走行モード Normal
エアコン 通年使用 夏25℃・冬22℃設定

普段は省燃費を意識して走ることはありませんが、私の性格から急発進をするようなことはありません。速すぎず・遅すぎず、安全を最優先しつつ流れに合わせて走るタイプです。ガソリン・オイルは趣味で気に入ったものを入れています。冬はヒーターのみで良いとは思いますが、湿気が多い気がして不快なのでエアコンを使用しています。

データの簡易分析

  • 福山市内はストップアンドゴー・渋滞が多いですので、走行距離によらず燃費10km/L前後になることがほとんどです。
  • 福山から井原・矢掛・総社へ向かう486号線のような道ではストップアンドゴーが減るので燃費も伸び、燃費15km/L前後になるようです。
  • 上下に行った際は山間部を走ったのですが、急坂はあるものの信号はないので一般道ながら燃費17.4km/Lを記録しました。
  • 山陽自動車道・瀬戸中央自動車道等をクルーズコントロールの設定をして走るとかなり好燃費になります。燃費20km/Lが出ることもあります。
  • カローラスポーツのカタログに8NR-FTSのWLTCモード燃費の記載がありますが、その測定結果にかなり近いように感じます。