ソフトバンクで購入したiPhone 8を持ってUQモバイルにMNP転出

先月、約20年利用したソフトバンクを解約し、UQモバイルに加入しました。約1ヶ月経過しましたがMNPで電話番号も変わらず、インターネット接続やiMessageなどの使い勝手も以前と変わらず利用できています。
格安SIMはUQモバイル 今のスマホそのままでも安くなる!

MNP転出のきっかけは、料金プランの更新月を迎えるにあたって今後必要となる料金を見直したこと。在宅勤務のため自宅外でインターネットに接続にする機会が少なく、また利用するアプリもTwitterやFacebookなどが主で、毎月1GB〜2GB位しかデータ通信を利用していませんでした。電話も滅多に使わないのですが、使う時は5分以上の通話となることが多く、通話料の支払が必要になる場合がありました。以上のことを踏まえ、これまで使用してきたスマ放題ライト+データ定額5GBよりも良い料金プランがないかと検討しました。

端末はソフトバンクで購入しSIMロック解除済みのiPhone 8なのでどこの会社でも利用できると思いますが、車でT-Connectを利用するためにテザリングが必ず使えることが条件となりました。

以上を踏まえて検討を重ねた結果、60分までの通話と2GBまでのデータ通信が利用できるUQモバイルの「ぴったりプラン S」がぴったりだろうという結論に至りました。以前はソフトバンク版のiPhoneではテザリングが利用できなかったのですが、現在はソフトバンク版のiPhone 8でテザリングができることが動作確認端末一覧に記載されており、安心して契約できることも大きなポイントになりました。
テザリング使用中のiPhoneホーム画面

UQモバイルへの加入手続きはオンラインで済ませ(土曜日)、翌日には配送手続き完了、火曜日の午後に佐川急便でSIMカードが到着。SIMカードを差し替えて手続きが完了しました。

契約更新月でもソフトバンクからの請求が高くなる

ソフトバンクの契約は契約更新月だったので2年契約の契約解除料は確かに必要なかったのですが、毎月「スマ放題 専用2年契約」で計上されていた割引がなくなり、スマ放題ライトの基本料として3,200円が請求されたのは想定外でした。契約時の書類にはきっと割引について書かれていたのでしょうが、すっかり忘れていました。

「MNP転出手数料/番号移行手数料」3,000円も加わり、解約月は合計12,465円(11,542円+税)の請求がソフトバンクから来る結果となりました。
解約月のソフトバンク料金・支払い管理画面

この記事のタグ