ホテルビスタ金沢に宿泊

2018年7月14日(土)〜16日(月・祝)に金沢・能登へ出かけた際、「ホテルビスタ金沢」に宿泊してみました。

ホテルは金沢駅西口から徒歩で約5分。駅前の大通りには横断歩道がないようで地下道を通って向かいました。

ホテルは2018年5月1日に開業したばかり。薄暮の時間の入口は良い雰囲気でした。駐車場は玄関の隣にあり機械式のようです。
写真:薄暮の時間のホテル入口

案内されたのは9階のモデレートダブルの部屋でした。まずは入口を入ったところからの写真です。窓からは金沢駅方面が見えました。
写真:モデレートダブルルームのベッド・窓方向の様子

次にベッドの頭の方からデスク側を見た写真です。デスク脇に洗面が用意されています。また、ホテルの情報や観光情報がチェックできるタブレットも用意されていました。もちろんWi-Fiも完備されています。冷蔵庫・金庫・空気清浄機もあります。
写真:モデレートダブルルームのデスク方向の様子

次にバスルームの写真です。ホテルのサイトで「独立型水回りを採用」の意味がピンとこなかったのですが、バスとトイレが別ということなのですね。浴槽は大きく、洗い場もあってゆっくりくつろげそうなバスでした。ただ2階に大浴場があるので、このバスは使わず大浴場に通いました。
写真:モデレートダブルルームのバスルームの様子

最後にトイレ。バスと反対側にありました。ウォシュレットももちろん完備で快適でした。
写真:モデレートダブルルームのトイレの様子

一人でしたのでダブルルームではゆったりと過ごすことができました。照明がたくさんあって明るいので、翌日の観光を考えるために本やチラシを見るのがとても楽でした。枕も堅め・柔らかめの2種類用意されており、好みの枕を選べるのが良いですね。大浴場へ行く際にタオルを入れていくバッグも用意されているのは助かりました。

真夏の観光で汗をかいたので、コインランドリーも利用しました。自動で洗剤・柔軟剤が入る洗濯機と乾燥機がそれぞれ2台用意されており助かりました。

朝食も2日間頂きました。少食なので写真はありませんが…、日によって内容が少し変わるようで、連泊でも飽きないのではないかと思います。プチケーキもあって女性の方は喜ばれるのではないでしょうか。

エレベーターホールにはきれいな装飾がありました。エレベーターは部屋のカードキーをかざすと自分の部屋があるフロアに行けるようになっており、セキュリティが気になる方にもおすすめできます。
写真:9階エレベーターホールの様子

ホテルビスタ金沢ではとても快適に過ごせた2日間でした。また金沢を訪ねた際はぜひ利用したいと思います。