BlockEditorに独自フィールドを追加するプラグインをMovable Type 7 Beta2に対応

月初に公開した記事で紹介したBlockEditorの独自フィールド、「GoogleMap」と「画像+テキスト」をMovable Type 7 Beta2に対応させました。

プラグイン公開当時はconfig.yamlに記述するpathの都合で上手く動作しない場合がありましたが、フィードバックを反映していただき、Beta2ではpathの起点がmt-staticとなりました。これにより、mt-staticmtの直下以外にある場合でもプラグインがそのまま利用できるようになりました。

また、BlockEditorのフィールドを追加した際にwindowオブジェクトにfield_createdイベントが飛ぶようになったことから、このイベントを検知してテキストエリアのTinyMCE初期化処理を実施するように改善できました。

その他、Beta2で変更されたフィールド追加時のダイアログへの対応、MT7スタイルガイドへの対応などを行いました。
画面キャプチャ:Beta2で変更されたブロックエディタでフィールドを追加するダイアログ