Libsass 3.2とタスクランナーと私

今日からLibsassを使うことにしました。Sassは元来Rubyで書かれているのだけれど、それをC言語で書き直したのがLibsassで、コンパイルの速さが特徴。

きっかけは、2015年4月27日にLibsass 3.2がリリースされたこと。出力スタイルに個人的に好きな(というよりごく一般的な)"expanded"が追加されたほか、Sassの機能的にもSass Compatibilityを見ると一目瞭然、Ruby Sass 3.4との互換性が大幅に向上しています。gitでcloneしてコンパイルしてsasscコマンドを走らせたところ、Libsass 3.2なら今まで書いたSCSSファイルをコンパイルしてもエラー無し。ついに移行の時が来たか、と考えていました。

そして今朝Twitterを見ると、LibsassをNodeで使えるようにしたnode-sass 3.0.0が登場。正直ちょっと待ちくたびれた...。

また、Gruntプラグインであるgrunt-sass、そしてgulpプラグインであるgulp-sassもそれぞれバージョンアップし、node-sass 3.0.0に対応。機は熟したということで、今日からLibsass移行に至った次第です。

オリジナルのgenerator-skywardでスキャフォールディングしているのでタスクランナーは今もGruntを中心に使っているのですが、使った感触はやはりコンパイルが速くとても快適。今まではコードを保存してからブラウザに目をやった後一瞬待ってリロードされる感じでしたが、grunt-sassに変えてからはコードを保存した瞬間に一瞬でコンパイル、そしてAutoprefixerの処理が終わってリロードされている感じです。作業ストレスが減りますね。

これを機にタスクランナーをGruntからgulpに移行してもいいかもと思うけど、他にもやることはたくさんあるので時間と相談です。

ちなみに、LibsassとRuby Sassとの互換性についてはThe LibSass Compatibility Planに書かれています。Libsass 3.4がRuby Sass 3.4同等のふるまいになるのがゴールのようです。

この記事のタグ