MacBook Pro(MC700J/A Early 2011)のメモリを16GBに交換

最近MacBook Pro(MC700J/A Early 2011)で仕事をしていてメモリ不足を感じることあったことと、搭載メモリが多ければより快適になるのかなと思い、メモリを8GBから16GB(8GB×2枚)に交換しました。

公式には最高8GBまでとなっていますし、最新のMBPへの買い換えも検討しましたが、ブログ・口コミなどで16GBでも問題なく動作しているという声が多いので、ひとまずメモリ交換を決意しました。8GBに交換した際に利用したシー・エフ・デー販売の製品を検討したのですが、最終的にはカスタマーレビューでよい反応を得ているシリコンパワーの製品に決めました。


シリコンパワー メモリモジュール 204Pin SO-DIMM DDR3-1333(PC3-10600) 8GB×2枚組 SP016GBSTU133N22

問題なく動作するかドキドキしましたが、無事に動作しホッとしています。
メモリを16GBに交換した後のシステム情報画面

ちなみに、前日にはOS X Yosemiteにアップグレードしました。Homebrewを使っているとアップグレードに非常に時間がかかるという声がありましたが、私の環境では1時間程で完了し、こちらも問題なく動作しています。

この記事のタグ