Dockerを利用して立ち上げたマークアップバリデーターとSite Validatorの連携

Dockerを利用して自前のマークアップバリデーターを立ち上げる方法は分かったのですが、MacにインストールしたSite Validator代替バリデーションサーバーの設定方法が分からず、Site Validatorとの連携が上手くできずにいました。

「環境変数」をキーワードに改めて調べていると、「もしかしてexportコマンドとかで設定するあれか」と気付きました。早速試したところ、指定したバリデーションサーバーを使ってウェブページのバリデートが行えるようになりました。

最終的には、ターミナルで以下のコマンドを実行してサイト内のウェブページをまとめてバリデートするようにしました。環境変数W3C_MARKUP_VALIDATOR_URIを設定する際に、boot2docker ipDockerのIPアドレスを取得しています。

env W3C_MARKUP_VALIDATOR_URI=http://`boot2docker ip | sed -e "s/is\:\s([0-9\.]+)$/$1/"`/check site_validator test/sitemap.xml test/validation_report.html

ずっと考えていたのですが、今日30分ぐらいで解決しました。

この記事のタグ