HAYABUSA2: Return to the Universe

訳あってまたちょっと時間に余裕のある日々を送っていて、家でコード書いたり読書したりするばかりもアレなので、ライフパーク倉敷 倉敷科学センターへ出かけました。 [![ライフパーク倉敷 倉敷科学センター科学展示室に展示されているロケットエンジン「LE-7」](https://farm4.staticflickr.com/3851/14496540229_7f9db020ce.jpg)](https://flic.kr/p/o61ymM 'Rocket Engine "LE-7" by Hideki.A, on Flickr')

きっかけは@kazuhitoさんのつぶやき(と周辺のみなさまのつぶやき)で、「HAYABUSA2: Return to the Universe」の上映がわりと近くのライフパーク倉敷でも行われているのを知ったこと。旅客機ファンで普段はBoeing 787を中心に追っかけており、宇宙関係の事などは全然知らないのですが、少し興味が沸いて見に行きました(上映館が少ないようで、貴重な機会なのかなと思ったり)。

実は小惑星探査機「はやぶさ」がどのようなものかすら知らなかった(申し訳ございません...)のですが、この作品を見て「はやぶさ」がどのような探査機であったのか、そして「はやぶさ2」のミッションの詳細など、小惑星探査機について色々なことを知る事ができましたし、「はやぶさ2」に興味を持つきっかけとなりました。また、ドームいっぱいに映写される「はやぶさ2」の機体(と言えば良いのでしょうか?)は迫力があってかっこよかったですね。

2014年末の打ち上げができなければ、次の打ち上げチャンスは10年後になってしまうのだとか。無事打ち上げが成功する事を祈りたいと思いました。

ちなみに、科学展示室にチラシがあったのですが、明日から幕張メッセで「宇宙博2014」が開催されるそうですね。小惑星イトカワの微粒子サンプルの展示もあるようですし、見に行きたくなってきました。会期がもう少し長かったら東海道・山陽新幹線の「超☆超IC早特」が使えたのにな...。

この記事のタグ