「道後やや」に宿泊

ふと思い立って道後温泉に出かけました。折角だから道後らしい宿に泊まってみようかと思い探したところ「道後やや」がきれいで良さそうなので、出かける当日に予約。平日ということもあってか、「デラックスツイン 朝食付プラン」がお得な価格で予約できました。

ホテルは新しくてどこもとてもきれい。のんびり羽を伸ばすことができ、道後ややは僕のお気に入りホテルの一つとなりました。参考までに感想をまとめておきます。なんだかベタ褒めですが、思ったままを書いています。

Dogo yaya

「道後やや」までの道のり

入り口やWebサイトに「場所がわかりにくく申し訳ありません」とありますが、僕は迷うことはありませんでした。車で行くなら、国道196号線(今治街道)の「消防局前」交差点(伊予鉄道本町線 本町6丁目付近)から東方向・県道187号線に入り、そのまま県道をゆっくり走って道後館の所まで行き、右折すると楽に行けると思います。ただ、ホテル前の道が少し細かったです。

駐車場は、ホテルの前に6台、ホテル玄関前を通過した建物の裏に17台、そしてホテル手前の角付近の第2駐車場が10台があります。道が狭いので運転が苦手な方はコンパクトカーが無難かも...。

Dogo yaya parking

ホテルの看板にある駐車場の案内図を撮影してきました。
道後ややの公式駐車場案内図

お部屋

デラックスツインは、和室・寝室、そして小さなスペースをはさんで一方にバス・洗面所、もう一方にトイレという構成。全体的に和の雰囲気で、落ち着きます。和室はそれほど広くはありませんが、十分くつろげます。

和室・寝室それぞれにエアコンがあってリモコンで細かく調整できるので、冬はあったか、夏はきっと涼しいはず。

外を眺めることができる窓がないのがどうかなと思いましたが、僕は全然気になりませんでした。圧迫感もありません。南西向きに採光窓があるので、午前中は光が十分差し込んできました。窓があったとしても他のホテルが見えるだけだから...、と割り切っているのかもしれませんね。

Dogo yaya

アメニティ

「道後温泉本館」や「椿の湯」に行く際は、バスタオル・ボディタオルとトートバッグを借りることができます。バスタオルは、何種類もある今治タオルの中から、好みのテイストのものがチョイスできます。暖かい時期なら部屋に用意してある浴衣と足袋、そして下駄箱に用意してある履き物で出かけるのも良いかも。

石けんやシャンプーは、Omnisens Paris製のものが用意されており、ちょっと贅沢な気分。いい香りがしました。部屋のタオルも今治タオルだそうです。

ややダイニング

ホテル内のレストラン「ややダイニング」。夕食と朝食を頂きました。

夕食の「活き鯛飯」は、鯛の刺身を特製だれにつけてご飯と共にいただくもの。刺身が新鮮でいい味でした。

朝食は、通常のバイキング形式+できたての目玉焼き・ウインナー・コロッケ・フレンチトーストなどを注文して食べられます。目玉焼き以外は一口サイズなので、色々食べることができます。野菜サラダ・みかんは種類が豊富で驚きました。今まで食した朝食の中では一番美味しかったなと思います。

※2018年3月に再訪したところ、夕食の営業はないようでした。

周囲の環境

道後温泉本館までは徒歩約5分で、気軽に歩いていくことができます。コンビニは、ローソン 道後ハイカラ通が徒歩約1分。商店街にはお土産店がたくさんあって楽しめます。

Dogo Hot Spring main building

ネット環境

2018年3月に再訪するとWi-Fiが各階に用意されていました。

この記事のタグ