さくらのVPSにIPv6を設定

昨年「さくらのVPSのIPv6対応はまだ先になる」といった記事を読んだような気がしたのですが、今日VPSのコントロールパネルに入ってみると、そこにはIPv6アドレスとIPv6アドレスに関するお知らせが表示されていました。当VPSは石狩リージョンで運用しているため、「さくらのVPS」プラン拡充・機能追加などサービスリニューアルのお知らせにて告知の通り、2013年10月31日以降に利用可能になったようです。以前からIPv6には興味を持っていたので、早速IPv6の設定を行ってみました。

作業内容は以下の通りでした。

  1. さくらインターネットのネームサーバにAAAAレコードを設定
  2. ネットワーク関連の設定ファイルにIPv6関係の記述を追加
  3. ip6tablesの設定

作業はとても簡単で、再起動は不要でした。また、Webサーバーは名前ベースの仮想ホストで運用しているため、設定変更は不要でした。DNSはそれほど時間がかからず反映されました。設定の詳細は、さくら VPS の CentOS を IPv6 対応してみた: ある SE のつぶやきにまとめられており、そちらを参考にさせて頂きました。ありがとうございます。

設定完了後、FirefoxのDNS Flusherで確認してみると、次のようにIPv6アドレスでアクセスできていることが確認できました。
DNS FlusherにVPSのIPv6アドレスが表示されている様子

IPv6アドレスをよく見ると、アドレスの後半にIPv4アドレスが10進数で埋め込まれているようなのですが、これは進むさくらインターネットのIPv6対応、まだ進まないユーザーの積極利用のIPv6アドレスの割当指針を読むと理解できました。

この記事のタグ