78R(B8M)で「ANA BUSINESS CRADLE」を初体験

787-8好きが興じて期間限定で国内線にて運用される国際線仕様機材(78R or B8M表記)に乗りたくなり、3連休を利用して搭乗しました。ANA541便、伊丹〜鹿児島線を3週間前に予約したところ、運良くビジネスクラスのシートがまだ空いていました。普通席の運賃でビジネスクラスが利用できるのでお得というわけです。

Twitter等で見ていると、直前に(?)78Pや76Pへの機材変更がよくあるという話や、JA802Aが北京で雷を受けた影響があるという話があり、毎日シートマップを確認していたのですが、予定通り国際線仕様機のJA804Aがやってきてホッとしました。 JA804A

L1ドアから搭乗し、R2ドアを過ぎても目の前に広がるのは「ANA BUSINESS CRADLE」。国際線使用機ならではの風景です。周辺の写真は撮れなかったものの、自席の写真は何とか撮れました。
ANA BUSINESS CRADLE

搭乗して一番感じたのは、ゆったり過ごすことが出来てとても快適だったこと。5KはR2ドアのすぐ後方に位置しており、前方にはシートがなく足下がとても広いことが快適さを増した要因でしょうか。窓の数で3つ分以上のスペースでした。短距離路線だったので、もう少し乗っていたいなと名残惜しい気持ちになりました。 wide space

787の搭乗は3度目ですが、新世代の飛行機という雰囲気や設備で本当に快適ですね。外から見ても良し、乗っても良しです。次回はプレミアムクラスも利用してみたいなと思いました。

この記事のタグ