Dreamweaver CS3でZen Coding v0.6を使用する方法

Dreamweaver CS3では、APIの関係からZen Coding v0.6をそのまま利用できませんが、対策が施されたファイルに置き換えることで利用可能になります。

  1. Google Codeのzen-codingプロジェクトページから「Zen Coding for Dreamweaver v0.6」をダウンロードし、インストールする
  2. 同じzen-codingプロジェクトページの「Issues 121」のページから、Dreamweaver CS3用にカスタマイズされた「zen_editor.js」をダウンロードし、Commands/ZenCoding/zen_editor.js内のファイルを上書きします(※)。
  3. Dreamweaverを起動します。

なお、一度Zen Coding v0.5をインストールしたことがある場合は、コマンドの再ロードが上手くいかず、何度拡張機能の際ロードを行っても動作不良に陥る場合があります。その場合は、Commands/ZenCodingをCommands/ZenCoding2に、またCommands/ZenCoding.html内のscript要素内のパスを書き換えると良いようです。

  • ユーザー別のCommandsフォルダです。
    Windows Vista / Windows 7
    (ドライブレター):¥Users¥(ユーザー名)¥AppData¥Roaming¥Adobe¥Dreamweaver 9¥Commands
    Windows XP
    (ドライブレター):¥Documents and Settings¥(ユーザー名)¥Application Data¥Adobe¥Dreamweaver 9¥Commands
この記事のタグ