ウェブサイトテンプレート(MT5)でGoogle Analyticsのコードを管理

Movable Type 5を使用しているウェブサイトにおいて、Google Analyticsのトラッキングコード(ga.js)を入れる場合、ウェブサイトテンプレートにGoogle Analyticsのコードを記述したテンプレートモジュールを作成し、配下のブログで作成したテンプレートモジュールを読み込ませると、スマートに管理できます。


ウェブサイトテンプレートの管理画面。「GoogleAnalytics」という名称でテンプレートを作成している。

Google Analyticsのトラッキングコードだけでなく、Yahoo!アクセス解析やサイト共通で表示しているコンテンツ・ブログパーツなどの管理にも応用できます。

ポイント

ブログ内でウェブサイトテンプレートのテンプレートモジュールを読み込ませる際は、MTIncludeタグのblog_idモディファイアで、ウェブサイトのblog_idを指定します。

ウェブサイトのblog_idは、ウェブサイトのダッシュボードにアクセスした際のURLで確認できます。

<$mt:Include module="GoogleAnalytics" blog_id="8"$>
</body>
</html>
この記事のタグ