宜野湾トロピカルビーチの夕日

トロピカルビーチの夕景

沖縄本島の西海岸と言えば、やはり夕日も見逃せない。北谷町の「サンセットビーチ」、恩納村の「真栄田岬」など、数多くの夕日スポットが点在している。

先日(2009年5月)の旅では、那覇空港に16時過ぎに到着したこともあり、那覇市からほど近い宜野湾市の「トロピカルビーチ」に足を運んでみた。

車を借りなかったので、宜野湾まではバスで行くことに。ゆいレールの旭橋駅から那覇バスターミナルに行き、「琉球バス交通」のコンベンションセンター行きに乗車した。宜野湾までは10kmほどなのだが、街中をあちこち回りながら走るせいか、1時間ほどかかったように思う。でも、レンタカーで走ったらきっと見ないような風景を見ることが出来るのが、路線バスの旅の良いところ。

黄金色の道

バスがコンベンションセンターに着く頃、日はだいぶ地平線に近づいていた。波の上には太陽まで延びる道のように一筋の輝きができていた。

沖縄の空は他のどこの空よりもなんとなく広いような気がする。夕日が沈んだ後、淡い空のグラデーションがまた味わい深い。毎日一日の終わりにビーチに座り、波の音を聞きながら静かに楽しめたらいいな、そんな夢を抱くような一コマだ。

この記事のタグ