これぞ八重山一

輝く波打ち際

この写真を見て「日本の海だ」と思う人がどれくらいいるだろう?

まるで外国のようなこの海は、八重山で一番南にある波照間島のニシ浜(北浜)。漢字の通り島の北側、波照間港の近くにある浜だ。

白くきらきらと輝く海には思わずぼーっとしてしまう。はっと我に帰り波打ちぎわに駆け寄ってみた。すると押し寄せる波のきれいさにまた驚かされる。海水であることがなんだか信じられないようだ。

10月といえど、波照間島は夏のように暑かった。日蔭はあまりなくてジリジリと日が照りつける。でも絵を描く人、写真を撮る人、のんびり眺める人...、みんなそれぞれに楽しんでいた。この海を目にしたら、誰もがそうせずにはいられないだろう。

ニシ浜ブルー

日本にこんな海があることがとてもうれしい。生きているうちに一度見ることができれば満足と思った。だけど今はやっぱり「もう一度見にいきたい。」

この記事のタグ